ローマ人の物語

良きことはより大きいほうを選択し、悪しきことはより小さいほうを選ぶ

運というものはわれわれ人間を、

まるで幼児に対するかのように弄ぶ(中略)

現在からは予測できない未来があるということであり、

良きことはより大きいほうを選択し、

悪しきことはより小さいほうを選ぶやり方でしか、

それへの対策はないと言いたいのだ。

文庫版『ローマ人の物語5 ハンニバル戦記(下)』

 

古代カルタゴの名将ハンニバルの言葉。

紀元前200年代のローマを、宿敵として長年苦しめた孤高の天才戦術家。

彼が、戦術上の弟子とも言えるローマの執政官スキピオに対して、開戦前の会談で言った一説。

この「ザマの会戦」は、歴史上最高レベルの戦術家同士の戦いであり、ローマとカルタゴの存亡をかけた最後の決戦だった。

理を突き詰めたハンニバルが、理を超えた「運」について語るからこそ、この上ない説得力がある。

運命の手のひらの上では、いかなる天才の努力も、歴史のすべてをコントロールできるものではなかった。

ちなみにこちらの文庫版は、とても薄くて読むのが苦にならない。

途中の巻から入ってもいける。

もちらん最初から読むと、壮大な歴史にどっぷり入り込める。

「ローマの歴史には、人類のすべての歴史が凝縮されている」

-ローマ人の物語

Copyright© 偉人の名言・格言 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.