月別アーカイブ:2019年03月

no image

森田健

すべての会社は環境適応業

2019/7/20  

すべての会社は「環境適応業」だと思っています。 環境適応業とは、環境に問いを発し、新たなネットワークを発見していく企業で、環境との関係において「自分がいるこの会社とは何か?」という根源的な問いを常に忘 ...

no image

ドラッカー

われわれの事業のうち何を捨てるか

2019/7/20  

新しい事業の開始と同じように重要なこととして、企業の使命に合わなくなり、顧客に満足を与えなくなり、業績に貢献しなくなったものの体系的な廃棄がある。 ドラッカー『エッセンシャル版 マネジメント 基本と原 ...

no image

ドラッカー

「顧客は誰か」との問いこそ重要

2019/7/20  

「顧客は誰か」との問こそ、個々の企業の指名を定義するうえで、もっとも重要な問いである。 ドラッカー『エッセンシャル版 マネジメント 基本と原則』   スピーチをするときに漠然と集団に対して話しかけるの ...

no image

ドラッカー

「われわれの事業は何か」を問うことここそ、トップマネジメントの責任

2019/7/20  

「われわれの事業は何か」を問うことここそ、トップマネジメントの責任である。 ドラッカー『エッセンシャル版 マネジメント 基本と原則』   自分(たち)がやっていことは、そもそも何なのか、誰を ...

no image

ドラッカー

マーケティングの理想は販売を不要にすること

2019/7/20  

マーケティングの理想は、販売を不要にすることである。 マーケティングが目指すのは、顧客を理解し、製品とサービスを顧客に合わせ、自ずから売れるようにすることである。 ドラッカー『エッセンシャル版 マネジ ...

no image

カーネギー

重要感を持たせる

2019/7/20  

人を動かす秘訣は、この世に、ただ一つしかない。 この事実に気づいている人は、はなはだ少ないように思われる。 しかし、人を動かす秘訣は、間違いなく、一つしかないのである。 すなわち、自ら動きたくなる気持 ...

no image

ドラッカー

「社会の問題は機会の源泉である」

2019/7/20  

社会の問題は、社会の機能不全であり、社会を退化させる病である。 それは組織、特に企業のマネジメントにとっての挑戦である。 機会の源泉である。 社会の問題の解決を事業上の機会に転換することによって、自ら ...

no image

森田健

「私」を手放して無意識の信号を受信すると運が良くなる

2019/7/20  

「私」を手放して、無意識からの信号をできるだけ正確に受信したほうが運命も良くなると思うのです。 森田健『運命におまかせ』講談社   自分に執着しているうちは、外側の様々な現象を見逃します。 外側の様々 ...

曹操孟徳は天のものなり

曹操孟徳

「曹操孟徳は天のものなり」

2019/7/20  

漫画『蒼天航路』の中で、主人公・曹操孟徳が行った言葉。 自分の心のままに我道を生きた豪傑のイメージがあるが、自分は天(宇宙)の一部である、という世界認識を持っていたのかもしれない。 自由気ままに見えて ...

Copyright© 偉人の名言・格言 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.